大般若経


本日10時より井地町の庵寺(宝蔵寺)において、大般若の転読が行われ、町内の安全と五穀豊穣が祈願されました。

大般若経とは、唐の三蔵法師玄奘(げんじょう)が四年の歳月をかけ翻訳した経典です。

全部で600巻あり、総文字数は約500万字にもなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。